パシフィコ?武道館?知らない子ですね。



皆様お久し振りです。
もう津田美波レポサイトでいいんじゃないかココと最近思い始めてる中の人です。
年明けてから更新無かった?なんですかそれは?

今日はゆりゆららららゆるゆり放送室の大阪公録の模様をレポします。
いつもながら津田ちゃんにしか目がいってない超主観視点のレポですが、
宜しければ皆様お付き合い下さい。

それでは。


「2014年もよろしく!ゆりゆららららゆるゆり放送室文化祭(2回目)」レポ、はっじまっるよぉー。





………1回目は外したんだよ、悟れよ。



【01・入場】




昼の部外したんで、大阪にて温泉行って全身マッサージを受けるという優雅な休日を過ごしてから会場向けて出発。
近くになんか縁結びの神様祀ってる神社があったんでお祈りしてきました。津田るみを。

アルカスホールに到着すると周囲に待機するふぁみりーの姿がちらほらと。
一部終了の時間になると観客と一緒にスタッフも登場。そのまま二部の整列開始。
外に取り敢えず何番から何番までーってまとめてから、順次会場へとご案内。
階段で待機も、その間にスタッフが少しづつ身分証チェックを実施。
少しでも入場がスムーズに出来るように頑張ってました。
(……が、なんでそれをわざわざ人が通りにくい階段でやったんですかね?自分たちの首絞めてたのに)


会場入り後は自由座席。
ごらく部はそれぞれの位置が決まってるので、自然と皆の座席位置も決まってきます。
私は当然センター右確保の4列目。津田ちゃんゾーン以外あり得ません。



………ただこれ、好きな位置座れるのはメリットだけど、
前で入った連中が平気で他の連中の座席確保するんだよなぁ……
折角前当たったー、と思っても既に座席がってこともあるし、
他の人の事考えてやれよなぁと思う。
なお別にこれはぼっちdisってんじゃねーぞという個人的な恨みではないのであしからず。
もういいじゃん、前詰めでさぁ。




【02・OPトーク】




久し振りのごらく部4人が勢揃い。
\アッカリーン/\キュピーン/\ヤッT-/\ハッP-/の口上も懐かしくて涙がホロリ。
キャラホビ以来だから、5ヶ月振りか。

そして出てきた途端にしきりに腕を気にする4人。
ちょっと手が寒いなぁなどと白々しいというか清々しいまでの隠す気の無さ。
何はともあれまずは宣伝とばかりに、
今回の物販特典であるリストバンドを宣伝し出すごらく部。
ゆるゆり三期の為にはスポンサーの為の活動もしなきゃいけないからね、しょうがないね。
ある意味昔よりもはるかにオトナになったと言えるごらく部。
失ったのはアイドル声優の肩書、手に入れたのは芸人の称号です。


それから今回のお昼休みCDの話をちょっと。
るみるみ放送室の話からゆかちんるみるみの真似メッチャ上手いよねとか、
OPトークが選ばれるラジオ番組ってすごいよね、とか。
………前者はともかく、後者は芸人化と台本無視の姿勢のせいじゃないんですかねぇ?




【03・話題BOX】




いつもの箱からネタ引いて……と思ったら、それぞれの箱の前に妙な貼り紙が。

るみるみ:盛り上がらないかもしれないBOX

みかしー:修羅場BOX

津田ちゃん:成人BOX

ゆかちん:話題BOX



略して。


「成人が修羅場で話題があまり盛り上がらないかもしれないBOX」





………おいwww




通常Verのゆかちんを除けばいつも以上に不穏な匂いしか感じないものばかり。
つか盛り上がらないかもって、その姿勢はいいのかラジオ大阪。
いや、それとも敢えて芸人レベルを試してる……?

誰からいくーと言いながら牽制の空気が漂う中、先陣を切ったのはみかしー。
自爆の未来しか見えなくても突っこむその姿勢はまさにリーダーの貫禄。
三上枝織、今輝いていま……



みかしー「るみるみの本命について」





(……それアカン奴や)




修羅場BOXから引き当てたのはごらく部カップリング論争。
みかしーが普段からは考えられない強気の姿勢でるみるみの本命を問いただすと、

「私の事を旦那と言いながらみかしーやゆかちんと仲良さそうにしてるし、るみちゃんが真のDDなんじゃないか」と追随する津田ちゃん。


おおっ、青二ラインがいつになく結束している。
(でしょでしょ!みたいなドヤ顏を見せるみかしー)

……っていうか、津田ちゃんもしかして拗ねてる?


そんな皆の追求を、「愛情のベクトルが違う」と酷い理由で逃げようとするるみるみ。


みかしー「私とご飯食べに行った時の言葉は本当なの?」

るみるみ「本当だよ!」

ゆかちん「でもそれ私の時も言ったよね」(混ぜ返すゆかちん)

るみるみ「ゆかちん!?」




………………おぉ、The修羅場。



おかしい。私が神様に願ったのは津田るみの安寧であってこんな修羅場では無かったはずなのに……(呆然

結果、醜い言い争いが発生した結果「私たちはみーんなるみちゃんのもの」と、DDの先駆者であるみかしーがまとめてこの話題は終了。
うん、この修羅場BOXは危なすぎる。



ということで、次に引いたのは「普通」のゆかちん。
話題は



「イケメン風にしゃべる」


…………

…………………話題か、コレ?


公式が入れ間違えたのかとも思うかのような話題にも即座に対応するごらく部。
この辺の対処能力は流石に鍛えられています。
………が、彼らの脳内にいるイケメンは「間違った駄目なイケメン」なので、
非常に残念な事になってしまいます。



ぶっちゃければ、LadyGo!のルミ男です(をい



チャラさ全開で話するみるみに、眼鏡クールキャラに設定されたらしいみかしーが「るみさん、チャラいと思うんですけど?」と冷静なツッコミ。
加えて「チャラいからDDなんですか?」とブッ込んで来たからさぁ大変。
目の前で繰り広げられる先程のリピート放送に、
津田ちゃんが「修羅場まだ続いてくんのかよ!?」と悲痛な叫びを上げます。


このまままた修羅場か!?……と思いましたが、
ゆかちんが「おい肩パット何か言えよ」と津田ちゃんに言ってから風向き変更。
1回目のネタで使われた肩パットらしいですが、
そっからどうしろと的な風にしか聞こえない津田ちゃんの逆ギレ台詞をもって
強制的にこのネタが終了させられました。



………多分、着地点が見えなかったんだろうなぁ(遠い目




3番目はるみるみ……が引いて一瞬止まります。
なんか嫌なの見えたんだよねー、と言いながら渋々発表したお題は、



「道端に生えている草について」





どう話せと!?


無茶振りもいいところなこの話題ですが、颯爽と手を挙げたのは津田ちゃん。
皆の注目が集まる中、語った内容は


「こないだ道にネギ落ちてたよ!」



津田ちゃん、それお題と違うっ!?
それ生えてる草じゃないから!


「えー、でもネギだよ?」「何ナベとか気になるじゃん」とか主張する津田ちゃんに何故か頷きながら盛り上がるみかしー。
完全に2人を置いてきぼりにしています。


その後改めて草、という事で道端に咲くタンポポの話に。
綿毛が鼻に入るとか女性を捨てたかのような発言は皆さん忘れてあげましょう。
つかこんな話題でトークさせようと思ったの誰だよ。



ラストは津田ちゃんの成人BOX。


「二十歳を迎えたゆかちんに教える大人の条件」




…………この面子が、大人を語る?(疑問形



先陣を切るのはみかしー………だったのですが、
まとまらず「えーっと」「いわゆる一つの」とかまるで政治家のような答弁に終始。
ゆかちん笑顔で「はい次」と言って津田るみへとバトンタッチ。
ああ、こういう容赦ないみかしーの扱い方久し振りだぁ……(をい


すると、こちらは答えるしっかり組の二人。
「道端に生えている草でもちゃんと生きているって思うこと(Byるみるみ)」「電車で座敷を譲ること(By津田ちゃん)」「新幹線に携帯わすれないこと(Byやらかした本人)」などが上がり、そして再度みかしーに。



そして語られる至極真面目なガチ話。



ゆるゆり放送室の芸風からは信じられないみかしーの真面目なオトナ論に皆感動。
芯をもった女性であることとか、他者への尊敬と感謝を忘れないこととか、
言われてみればその通りの話なんだけど、それがゆるゆりのイベントで、かつみかしーが語ったってんだから衝撃の度合いは推して知るべしでしょう。


こういうのが素で出てくるからみかしーって尊敬するんだよなぁ。
……………駄目な時の方が多いけどw




【04・ゆるゆると節分を楽しもうの会♪】




日本で一番有名なネコ型ロボットネタで遊び出するみゆかに対し、
「先進もうよ」と容赦無く一蹴する津田。
この番組の進行は一手に津田ちゃんが握っています。

コーナーとしては、

「鬼の仮面を被った人は自分の内面に潜む邪気を出して下さい。で、それを追い払います」というもの。
説明が完全に中二病チックです。爆ぜろリアル弾けろシナプス。
ちなみに鬼の仮面はちなつ画伯のガールズパワーでのアレです。



るみるみ「可愛い鬼さんってことですよね?」




いやいやいやいや。




一発目の犠牲者はみかしー。
(今日みかしー先陣切るの多いな)
出て来た鬼は………「お触りの鬼」。
女の子の手を触りたいー、でも一度触ると満足してどうでもよくなるー、という最悪の鬼です。
津田ちゃんの手を指差しながら「これは……るみ!」という駄目な鬼です。

そんな鬼も3人の力で浄化。
仮面を外した三上さんはとても綺麗な心の持ち主へと生まれ変わりました。
おい誰だよアイツ。


次は津田ちゃんで、「イケメンの鬼」。
ナルシーにドヤ顔の練習をしつつごらく部全員を己の毒牙に掛けようとするナンパな鬼です。
当然これも皆で浄化……しても変わんないよなぁ津田ちゃんは。


ゆかちんは……ごめん、何がしたかったのかよくわからないこの鬼。
ゆかちんの引き出しは時として想像の及ばない世界を見せるなぁ……


そして最後は腹黒の権化であるるみるみ。
私真面目過ぎて笑いの取り方をずっと考えてるとか、まぁ最初は普通だったのに、いきなり、



「正直、みかしーと二人きりになるの、ツライ」




とイキナリぶっ込んできた辺りから暴走開始。
みかしー、津田ちゃん、ゆかちんの声に合わせて演技するるみるみ。
しかもるみるみの鬼というか鬼がどっか別な人に飛び火する事態となり、
会話の中身がほとんどみかしーネタに早変わり。



るみるみ「みかしーが皆を部屋に呼ぶって言ったきり呼んでくれない」




しまいにはみかしーの魔女裁判的な雰囲気に。
その後鬼は浄化されましたが、みかしーは4月までに部屋の掃除をしてごらく部の皆を呼ぶという言質を取られました。
三上枝織さんの今後の活躍にご期待下さい。
なお浄化されてもまだ真っ黒な腹黒ピンクがいるとかいないとか。





【05・ゆりゆり劇場】





セリフはこれ。


るみるみ「アンタのそのDDっぷりなんなん!?」

みかしー「アナタの妄想、形にしちゃうわよ」

津田ちゃん「伝説によると、ここここここできききききキスをすると、永遠に結ばれるって」

ゆかちん「◯◯◯。寂しいと…浮気しちゃうよ?」




シチュエーションは、ロックバンド、パジャマ旅行、ドライブ、
アイドルオーディションの中から、アイドルオーディションに決定。
「パジャマ旅行もね、いいけどね」と言いながらも
可愛いアイドル像に満更でもなさそうな津田ちゃん。
今回は公録なので、いつものようにステージを使って
…………と思ったら、ゆかちん以外ソッコーで一旦撤収。

うん、小芝居得意なごらく部の本領発揮のお時間ですね。


始まったのは、ゆかちん監督によるオーディション。
ツッコミばっかで可愛らしいことだってしたいんですと、本音がポロリのドヤ顔アイドル。
私お金持ってるんです。スポンサーとかと、いきなり監督買収に走った腹黒アイドル。
そして最後に現れるさんじょうえだおり「みかしー三世(三歳?)です♪」


再び姿を見せたさんじょうえだおりを尻目に裏でイチャイチャする津田るみ。
(ライバル→実は貴方の事が好きだったの→カップル成立)
しまいにはるみるみが津田ちゃんにKissしてあーあーあー!あなたと私の、Kiss、Kiss、Kiss。離れたくない。


一方、監督特権により「ゆか。寂しいと…浮気しちゃうよ」と三人に言わせたゆかちん。
おっさん満足したって顔してます。


そして。



「私の特技は妄想を形にすることです!」




と決められたセリフを間違えて言った結果、劇場を終わらすことに失敗したみかしー。

…………やっぱり、生ゆりゆり劇場は駄目だ(褒め言葉




【06・ミニライブ】





最後はやっぱりお馴染みミニライブ。
いぇす!ゆゆゆゆるゆり♪からのゆりゆららららゆるゆり大事件。
今回は一期二期のOPってことですね。



つまり三期はよ、と(切実







………とまぁ、こんな感じであっという間に過ぎ去った1時間。
この4人が揃った時の安定感というか
何が出るかわからないドキドキっぷりはず抜けてると
改めて思い知らされたイベントでした。

津田ちゃんイベばっかり行ってる私ですが、
津田ちゃんがそういう性格なのと青二の教育の賜物により、
わりとしっかり進行をする方というか、回りをまとめる方というか、
そんな感じなんですよね津田ちゃんって。

でも、この4人でいる時は特別っていうか、
妙な安心感があるというかそんな感じで、
割と発言がフリーダムになるというか壊れる事が多々あるというか。
結果、色んな津田ちゃんが出てきてファンとしてはたまりません。
自分を安心してさらけ出せるから、なんでしょうね。



こんないいメンバーに巡り会えた幸運と、それを見ることが出来る幸運。
やっぱり、小学生……じゃなくて
七森中☆ごらく部って最高だぜ、と思うそんな一日でした。

















だから3期はよ!(切実