\アッカリーン/ > 挨拶



サイン戦争を勝ち抜いた方々、敗れ去った方々。
どちらも、大量のCDの山を目の前に現実を直視出来ない毎日をお過ごしなのではないでしょうか?
こんばんわ。津田蛍こと風蛍です。


本日は「ゆるゆり♪♪七夕みにらいぶ」の日、ということで、
私も行って来ましたよ! 津田ちゃん最高だあぁぁぁぁぁぁあっ!!


……という訳で、前置き無視して早々にレポ行きます。
ちょっとイベ前に仕事の連絡が入るという罰ゲームまで受けたので、
追加部分はおいおい追記していくという事でご容赦下さい。

※アニメイト、とらのあな、HMVの3つに参加してきたんで、その分は全部書きます。おいおい。

本日参加できなかったゆりゆらー、ゆり嬢、ゆるゆりファミリーの皆に、
少しでも会場の雰囲気が伝わればいいなと思います。

――まぁ、一言でまとめるといつも通りのごらく部だったんですけどね?w



と言う事で、さっそくレポート開始です。。
―――ゆるゆり♪♪七夕みにらいぶレポ、はっじまるよー♪




[ 01:アニメイト編 ]


小雨も止んでおり、何とか持った感がある天気の中会場入り。
5分程度入場が押すも特に混乱もなく入場。
入口前に置かれているプレゼントボックスには、
いつもの通り津田ちゃん宛のお手紙を入れてからいざ会場入り。
ホールの中に入っていきます

……ただ、当選番号が数字なのに座席が「いーxx」とかなってるから、
皆どこ座ればいいか右往左往。
仕方ないのでスタッフ捕まえて自由着席の旨を確認した後に皆で着席。
わざわざ自分の分の場所あけといてくれた人ホントありがとうでした。

待機時間に会場に流れるはゆるゆりの曲の数々。
着席後すぐに津田ちゃんのごゆるりワールドが流れてきて……


「好き好き大好き 愛してる」


「あいしてるぅぅぅぅっ!!」


会場から早ぇよの声も聴こえたけど、
魂が叫べって言ったんだから許して下さい。
別に仕込みじゃないですマジで。
………後で反省会ですかこれ?(ちらっ


そして時間を迎え始まったイベント。
一発目はいきなりのライブからスタートでした。


01:いぇす!ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪
02:ゆりゆららららゆるゆり大事件



もう会場スタートから盛り上がる。……みんな、まだ朝よ?
ごらく部自己紹介では低血圧な津田ちゃんがやっ………え?言わない?
そのままスルーでるみるみにバトンタッチしようとするも、
みかしーが津田ちゃんに強引にバトンを戻すw

「いやほら、後にとっておこうと思って」

流石津田ちゃん。別に朝だからテンションが低かったわ(ry
その後はOPEDの話や第二期一話の話題が出つつコーナーへ。


03:織姫は私だ。NGワードトーク




インディアンポーカーのように各自が額にNGワードを掲げ、
普通にトークする中でそれを言わされた人が負けというゲーム。
ちなみに、アニメイト編のNGワードはこちら。


みかしー:キュピーン!
津田ちゃん:腹黒ピンク
ゆかちん:いぇす!
るみるみ:結衣センパイ



津田ちゃん絶対いわねーwww
みかしーが協力体制や3対1の可能性を説明すると、
いつものように安定のみかしー一人ヲチな流れにw
いや、わざわざ言わなくてもそうなったと思うけどさ。

ただ、トークが始まるも皆探り合って中々NGワードを言わせられない皆。
そんな中ゆかちんが動く。


ゆかちん:「取り敢えずもう一回自己紹介しようか」
ゆかちん:「私歳納京子役の大坪由佳です。キュピーン」
会場、みかしー:「キュピーン!」




みかしーアウトwww



これはゆかちんのファインプレイですね。
開始早々にみかしーが一人負け。敗者の印であるガンボーのお面を被ります。
そしてみかしー、謎のガンボーダンスまで踊り出すw
なんなのもうみかしーw

その後は3秒ルールなどが適用されるも皆中々引っ掛からず、
そのままゲーム終了。……はい、予想通りの結果でしたw
つかこういうゲームってみかしー弱いなーwww


04:悪いことは天の川に流しちゃおう~今だからこそ言えること~



ぶっちゃけ反省会です(苦笑

ゆかちんがいつものボックスから引いたカードに書かれていた名前の人が
今だから言えるごめんなさいをするコーナー。
それでは、反省の山をどうぞ。


・ゆかちん
→京子に便乗して皆を弄ってごめんなさい。

・津田ちゃん
→三上さん、私のこと好きって言ってるけど、そんなつもりじゃなかったの

・津田ちゃん(2回目)
→ツッコミ間に合わなくてごめんなさい

・ゆかちん
→昨日の生放送で生き別れの姉がカチューシャ三分割してごめんなさい。

・みかしー
→アッカリーンに逃げてごめんなさい。



津田ちゃんとみかしーのやり取りで、

「今日移動中の車の中でみかしーにもたれ掛かったんだけど、
頭を優しく撫でるとかそういうことを
みかしーが全くやってくれなかった」



という百合ファン大ブーイングな事態が起きていた事が発覚。
折角のフラグを……なんでなのみかしー。
やっぱり本妻であるるみるみとの間にある差は大きいのか……(マテ

ゆかちんのカチューシャは……あの、その……
悪気はなかったんだよ、うん。
ツッコミ不在にしたニコ生企画自体がそもそもいけ(ry

みかしーは本音がポロリ。
うん、でもみんなソレ知ってる。


……………あれ、一人謝らなかったような?
まぁ、いいか。うん。


そんな感じトーク終了後は、まさかのライブタイム再び。
会場の椅子などが撤収された後、もう一度ごらく部登場です。


05:マイペースでいきましょう
06:100%ちゅ~学生



100%ちゅ~学生は初出し曲でしたが、
勿論皆いつものようにコールをしっかり合わせてきていました。
が、100%ちゅ~学生のAサビ終わりの「エベレスト」の部分で
「とーちょー!」とコールを合わせた一部層には驚きでしたよw
(自分も叫んでたから同罪だけどw)

ニコ生の納品の旅でゆかちんがちょろっと言ってた奴ですが、
流石ゆるゆりファミリー。しっかり拾ってますw
次からはこれがデフォのコールになりそうな予感です。
皆でとーちょー、ですよ?w


そんなこんなで1H位のイベも終了。
ぶっちゃけ喉が痛いですwww

1H程の休憩の後はこんどはとらのあな回。
さぁ、頑張っていくよーーー!!!



[ 02:ゲーマーズ編 ]

――落選だからレポなんて書けないよ(ぺっ


アニメイト編が終わって外に出たら雨が土砂降りにクラスチェンジ。
最早外に出ることすら叶わないみたいな状況になってしまったので、
仕方なくサイエンスホールにそのまま待機。空き時間にレポ書き作業です。

ゲマはどうだったんだろうなー、と思いを馳せつつのんびり作業。
ただ、初回のアニメイト編の時点で既に一杯一杯だったから、
後から考えるとここで休めたのは大きかったかもしれない。
……この時は悔しさと恨めしさしか無かったけどね?(苦笑




[ 03:とらのあな編 ]

俺のターンはまだ終わっちゃいないぜっ!(遊戯風
ということでとらのあな編のお時間なワケですが、
ゲマ終わり付近からテンションが高ぶって高ぶってもうね、アカンてw
だって前回より番号前なんだm(ry
で、入場。
今回は入場時の身分証確認の所が3人→4人体制に変更されてました。
後から知り合いに聞いたらゲマの時点からそうだったらしいので、
最初のメイトの入場の酷さを見て変えたんでしょうね。英断だと思います。

一回目が5列目センターでしたが、今回はなんと三列目センター。
そして何故かまた一回目と同じ人の隣にw お世話になりますw

……うわぁ、ステージちっけぇ……
この時点でもう心臓バクバク行ってます。やっべぇ、今回絶対やべぇ。
ああ、もうすぐ津田ちゃんが見れる津田ちゃんが見れる津田ちゃんが見れ……


「好き好き大好き 愛してる」




「あいしてるぅぅぅぅっ!!」





いや、だって魂が叫べって言っ(ry

…………おい、誰だまたかよとか言った奴。
おまえ、ちょっと七森中校舎裏で反省会な?(ごごごごご


そして始まるイベント始まるライブ。
選曲は流石に一緒です。この辺はまぁ、毎回一緒ですね。


01:いぇす!ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪
02:ゆりゆららららゆるゆり大事件




……あ、俺死んだ(をい


あ、いや、あのね。前の方じゃん?
ステージの人たちの視線の向きとかわかるじゃん?
うん、あのさ、丁度良く、本当に丁度良くさ。
………あ、いや、別にそんなワケじゃないってわかってる、わかってるよ。
でもさ、でもさ………


――津田ちゃんともろ視線が合いっ放しだったんだよ(うっとり


正しく言えば、「いぇす!ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪」を歌っている時の
津田ちゃんの視線の向きが、丁度こっちの真正面になるような向きにずっとなってて、
視線を斜め右に向けるとそこには正面から客席を見つめる津田ちゃんが……という構図になってたんですよ。
そうじゃないから、って言うのはわかってるんだけど、

それでもボクの心は有頂天。



お陰でずっと津田ちゃんと見つめ合うような時間を過ごせました。
もう此処で死んでもいいんじゃねぇか、そう思えるぐらい嬉しい時間でした。
とらのあなさん、ありがとうございます!いやマジで!!
夏コミでもお世話になります! > をい


で、そんな個人的に嬉しい事態の後に軽くトークを挟みつつ、
何故か「私、主役の赤座あかりです」をるみるみが完璧に踊り切ったりしつつ、
今回もやっぱりこのコーナーでスタート。


03:織姫は私だ。NGワードトーク




このコーナーは共通っぽいですね。
と言う事でルールは前回と一緒だから省略。
今回のとらのあな編のNGワードはこちらです!!


みかしー: \アッカリーン/
津田ちゃん:ドヤッ
ゆかちん:キュピーン
るみるみ:なもり先生




みかしー、ゆかちんは瞬殺の予感しかしないワードですが、
会場の雰囲気からキーワードに気付いた様子を見せるみかしーとゆかちん。
まぁ、反応からすればわかるかなー、といった所ですかね。定番ですし。
津田ちゃんはまず言わない、というか無理やり言わせるでもしないとって感じなんですが………るみるみェ………
なもり先生とかさぁ、ニコ生ネタじゃねーんだからまず言わねーだろ………

………と思っていたら、

みかしー「これは勝つる。勝つるよ!」



といきなりの勝利宣言。
その強気な態度に会場が一斉にどよめきます。
その態度は、ゲーマーズ編でまさかの開始から敗北という事態を喰らった人の態度とは思えない位強気です。

※ゲマ編でみかしーのNGワードが「スタート」となっていたせいで、
コーナー開始の合図として「それじゃあ、NGワードトークスタート♪」と言っただけで敗北となったんですよみかしー……



もう勝利しか見えない。
勝利への道筋が見えた。
織姫の座は私が貰った。

エトセトラエトセトラ。
とにかく強気強気のみかしーの態度はこれまで見たことがないような姿で。
みかしーがもの凄く輝いていました。



………でも、この時点でみんな思うよね?


言っていいんだよ?



「ああ、フラグ立てちゃった」




と………(遠い目

るみるみが「ああー、みかしーそれフラグだよー」といい、
津田ちゃんとゆかちんもまるで可哀想な目で見るかのようにみかしーへと視線を向けます。
ああ、これがいわゆるデッドフィッシュアイ……
慌てるみかしーですが、最早後の祭り。時は戻っては来ないのです。

そんな酷い前フリがありつつ今回もゲームスタート。
今回はみかしーが凄いやる気になって積極的にトークを進めます。
進めるんですが………



……あーあ。やっぱり(ため息


ゆかちんの絶妙なトークに乗せられた結果やっぱり即脱落。
あーあ、あんだけ盛大なフラグ立てるから……(遠い目
まぁ、これがみかしーだよね、うん。
そう、これがごらく部リーダーのさんじょうえだおりさんなんですよ!(違う

……そんな余韻を引きずりつつ続くトーク。
ただし、途中で執拗にドヤ顔トーク(ドヤ顔講座)に話を持っていかれたこともあり、
明らかに自分のNGワードに気付いた津田ちゃん。

それでも最初は「えー」みたいな感じで回避してましたが、
ラストは明らかにもうしょうが無いなぁみたいな諦めの境地に。
ステージの前に出ていき、ドヤ顔を決めようと動き出します。
こうやって覚悟して死地に赴くシーンが津田ちゃんって多いよなぁ……


そして、津田ちゃんが前に立ちドヤ顔をやろうとした瞬間――
――まるで測ったかのようにタイミングを潰すみかしー。
※何をやったのかはぶっちゃけよくわかんなかった。というか見えなかった。


津田ちゃん


「なんで君は人のボケを潰すかなぁっ!」




完全にタイミングを潰される津田ちゃん。
でも、その後悟りきったような表情を浮かべながら
「ドヤッ」とやり切る津田ちゃんは、
やはり素晴らしいと思いました。
………やりきった後HP減ってそうだったけど(苦笑

その後はみかしーがるみるみに「なもり先生」と言わせようと
執拗な「くらげトーク」を繰り広げてましたが、るみるみは引っかからず。
というか、みかしーの誘導の仕方が悪いのか、るみるみがきょとんとしてばかり。
みかしーは「くらげ=なもり」という流れを引き出したかったみたいだけどね?w

という訳で、今回はガンボーが二人でて終了。
実際にゲームで負けたのは一人だけどねコレwww


04:今だから言える、ありがとう



ココはアニメイト編とは違うものに変化。
今度は反省文ではなく、ありがとうという感謝の気持ちを言うという企画に。
そこで語られた感謝の言葉は以下!


・ゆかちん
→支えてくれるマネージャさんありがとう
・みかしー
→空気を止める力を容認してくれる皆さんにありがとう
・津田ちゃん
→支えてくれるファンの皆。そしてこの空気を作ってくれたごらく部の皆に
・るみるみ
→ニコ生で割ったカチューシャをいいよいいよと笑顔で許してくれた公式さんに



ゆかちんはとてもいい事を言った。
なんかこう、こっちの心がほっこりしてくるような、そんな感じ。
うん、性根はいい子なんだよなぁ、ゆかちんは……

みかしーは、多分ゆるゆりファミリーの皆ならわかると思うんですが、
「言いたいことを言おうとしたらあれもこれも出てきて最後にまとまらなくなって何がなんだからわからなくなった」という状態になりました(苦笑
多分この姿は皆容易に想像できるっしょ?w
最後はゆるゆりファミリー全員にありがとうですよ、って言ってまとめたけど。
うん、なんていうかみかしーだわ。


そして……酷かったのが津田ちゃん。
津田ちゃんの出番になった途端
何故かその後みかしー、るみるみ、ゆかちんの三人が

深夜の通販番組のノリでうたがっせんのリストバンドを宣伝するショートコントを開始。

どうしてこうなったかって?
そんなの会場にいて目の前で見てた自分だって説明出来ねーよwww
なんかみかしーが「リストバンドあるしこれで汗拭こうよ」とか言い出したてさぁ……
しかも三人のコントが止まらないものだから、津田ちゃん完全に置いてきぼり。
そしてとうとう……


津田ちゃん


「お前ら人の話を聞けぇっ!」





津田ちゃん怒りの一言。
………大変だよなぁ。ボケ3人捌くのって……(遠い目


津田ちゃん「あの、これ怒ってもいい雰囲気だよね?」


もはや津田ちゃん完全に怒り気味。
ありがとうのコーナーではなく怒りの告白コーナーに変わりそうな雰囲気です。
そうして、そんな雰囲気で津田ちゃんが言った一言があの台詞。


……ええ、後半は完全に皮肉以外の何物でも無いですwww


その後は津田ちゃんの怒りが収まらずゆかちんにドヤ顔を共用したり。
ゆかちんがドヤ顔をやっても「駄目、やり直し」と駄目出しをしたり。
みかしーに一発芸を強要させたり………。


………三人とも、読める空気は読まなきゃ駄目だよ?


あ、るみるみはガチでした。
カチューシャ三分割は流石に洒落にならない位凹んだらしいです……
(そりゃそうだよなぁ……)


そしてコーナー終了し、前回同様ライブコーナーへ。


05:マイペースでいきましょう
06:100%ちゅ~学生






安西先生………喉が、喉が痛いです………



とまぁ、そんな津田ちゃんの心をバッキバキに折ったとらのあな回でした。




[ 04:H M V 編 ]


一 番 駄 目 な 回 で す( 断 言



と言う事でファイナル担当はHMVさん。
DJ TSUDAをやってたりと、何かとゆるゆりとは関係が深いトコロですね。

まずは入場。
HMVは当選番号と整理券を当日現場で交換する方式。
その為、最初の整理券配布に手間取る手間取る。
とらのあな回終わってそのまま整理券貰う為に列並んでましたけど、時間が掛かること掛かることって(苦笑
これだけで一時間近く掛かってたような気がするけど、最早うろ覚え。

HMVのCD梱包がわざわざOP/EDをひとまとめにして、その中に一枚ずつ抽選券を入れてる形だったこともあり、これなら最初から当選者に奴に整理券入れておく形式でも良かったような……?

後はあれか。複数当選した人もいたみたいでそういう人はまとめて出して下さいみたいなアナウンス出てて、実際複数枚当選した人もいたりってトコかな。
そういうのも含めて、ちょっと他と比べるとうーんって感じでしたかねぇ。
※実際複数当選が結構居たみたいで、会場後ろの方は空席がかなりありました。


で、入場。
今回は入場順が400番近いトコでほぼ最後尾。
流石に三回とも神席とかそんな事起きたら次の日に死ぬことまで覚悟しなきゃいけないので、まぁこれは仕方ないかなぁと。
というかこの順の入場だと会場入るまでに「あの曲」は流れ切ってるだろうなぁと思ってたんですけど、何故か自分が入ったのと同じ位に「あの曲」が流れ始めてでですね。



もう書く必要無いよね?w



いいじゃん、好きなんだから(開き直り
そしてその後は前の回までと一緒でライブからスタート。


01:いぇす!ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪
02:ゆりゆららららゆるゆり大事件



この辺まで来るとかなりコールも合ってきます。
ぶっちゃけお前ら何回目だったってい(ry
………ごほん。


ライブ終了後は軽くオープニングトーク。
今回は先日行われた「七森中♪うたがっせん」の話題でトークしてました。

「いぇす!ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪」のあの謎ポーズが実はうたがっせん時と今回で違う、という話からごらく部による謎ポーズ実演講座が始まったり。

※うたがっせんはハンドセットで両手空いてるけど、今回はハンドマイクだから片手塞がってる、というのが理由。ま、当然ですかね。



津田ちゃんがうたがっせんのみかるみの衣装……というか脚を見て自信を失ったという話があったり。

※つうかなんでうたがっせんの時はつだちゃんだけがオリジナル衣装無かったんだよと私は泣いておりました。みかるみはゆりゲームで、ゆかちんはMiracleDuetでオリジナル衣装あったのに……津田ちゃんはパンダパジャマだけだなんて……


京綾デュエット時、ステージ裏で行われていたゆかx咲のゆりゆりシーンをゆかちんが大暴露してたり。

※京x綾組おめでとうございます。……でも私は結京派です。



などなど。やはりほんの三週間位前の出来事だけあって、聞いてるこっち側も鮮明にそのシーンが浮かんできて、結構うんうんと頷いたりといった場面が多いトークでした。
イベントの裏話って聞いてると結構面白いんだよね。


そして、そんなジャブが終わった後は当然コレ。


03:織姫は私だ。NGワードトーク




此処まで来たら最早説明は不要!。
今回のHMV編のNGワードはこちらとなります!!


みかしー: はっじまるよー
津田ちゃん:ごらく部
ゆかちん:バウム
るみるみ:えぇー



これはゆかちんの負けだろ




キーワード見た瞬間、ゆかちんの時だけ巻き起こる爆笑の渦。
(だって、言わない訳が無いだろうというようなキーワードだし)
みかしーと津田ちゃんは何となくわかりますが、るみるみは………なんでそんなの入ってたんだろうなぁ………って感じ。

そして、此処までまさかの「三連続ドベ」となり続けたこともあり、最終戦にことさら気合を入れて挑んだみかしー。
(みかしー素直だから誘導尋問とか弱いんだよなぁ……2回目は無しとしてw)
みかしー頑張れという空気が会場中に広がる中、いよいよゲームスタート。


だったんですが……。



るみるみ「いよいよ二期も始まったよねー。ほら、一期みたいにまたアバンであかりちゃんの 『はっじまるよー』から始まって……」


みかしー「はっじまるよー」




…………



みかしぃぃぃっ!?



歴史は繰り返すとばかりに、またもやみかしーが最初の脱落者に。
るみるみが二期のアバンの話をして、「 \アッカリーン/」ってトコから普通に言ってみたらみかしーがその後の言葉である「はっじまるよー」を素で言ってしまいました………


るみるみ「まさかさっきの話の振り方で釣れるとは思わんかった」




ホントだよ!!




誰かが \アッカリーン/から言わせたんだったら別だけど、るみるみ普通に自分でアバンの話しただけで、みかしーが条件反射的に「はっじまるよー」って言っちゃった感じですな。………みかしー、最早あかりちゃんが体に染み付いてます。

そして、敗者はガンボーのお面を被るのですが、
今回はゆるゆりファミリーお馴染みのあの仮面が各自の机の上に。
お面の人からの差し入れを有効活用する公式さん。なんというこの流れwww


そして、敗者らしくお面を被るみかしー……なのですが、
流石に四連続ドベは認められないのか、必死に仕切り直しを要求するみかしー。
会場の空気が完全にみかしーを勝たせようだったのにも関わらずアレだったこともあり、ごらく部の皆も流石にもう一回的な雰囲気に。
いくらなんでも今回みかしーがコレで終わりだったら哀しすぎるし。


そんな空気を察したのか、公式さんがみかしーを舞台袖へと呼び出し。
1日ずっと最下位だったしこれが最後のチャンスだからと、みかしーに再びNGワードを渡します。
凄く喜びながら舞台に戻ってくるみかしー。公式さんも粋な演出をします。
………いや、ただ単に余りにも不憫過ぎただけかな?(苦笑


戻ってきたみかしーを加えて改めてゲーム再開。


みかしー「では改めまして……NGワードゲーム、スタート!」





…………



みかしー、アウトー



全員のアウトーという声になんでーという表情を見せるみかしー。
そして、嘘だとばかりに自分のNGワードを確認……した途端膝からガックリと崩れ落ちるみかしー。

……ええ、皆さんお気付きかと思いますが、
公式さんがみかしーに渡したのは二回目のNGワードゲーム(=ゲーマーズ回)で使われたもの。再利用品です。
つまり、NGワードは「スタート」となるワケで………(遠い目


この余りにも完璧過ぎる流れに会場中が大爆笑w




あのNGワードを渡した公式さんも公式さんですが、「みかしー一発負け→敗者復活→また一発負け」のコントのような流れが凄すぎました……
本当に綺麗なコントだったよ………みかしーには悪いけどさ(苦笑


さて、そんなみかしーを置いておいてゲームは続行。
恐らく津田ちゃんの「ごらく部」というキーワードを引き出したかったんだろうと思いますが、次の話題が「最近のごらく部事情」という事に。

で、ごらく部のイベントやニコ生などで沢山の差し入れというか食べ物を貰うという流れから、今日も宇宙食(※科学技術館の店で売ってる)を差し入れで貰ったという話になり………


津田ちゃん「でも、バウムは無かったね」


ゆかちん「バウム~」





はい、アウトー





今回即落ちするかと思われたゆかちんですが、予想通りのアウトに。
バウムという単語を一言も発しないとかゆかちんは無理だって。条件反射で出てくるんだからw
津田ちゃんもホント自然にサラッと流したからなー。上手い誘導だった。


という事で二人がアウトとなり、残るは津田ちゃんvsるみるみ。
何となく悟ってるのか慎重なのか、皆に狙われるも華麗にスルーし続ける津田ちゃん。
一方のるみるみも言いそうで言わない言葉だからこれをどうしようか、って展開だったんですが、
津田ちゃんがあかりちゃんが変な顔してるーと話を振ると……
※あかりちゃんのお面だけ変な顔してるんですよねコレwww


みかしー「みんなのハートにドッキューン☆」




………



…………




皆、ドン引き(会場含む)





みかしーが固有結果を発動。会場の空気が止まります。
そして、そんな一瞬の静寂の後………


津田・ゆか・るみ「えぇ~~?」





……あ。


るみるみ言っちゃった……




なんと、みかしーの意味不明な行動に突っ込んだ結果、るみるみが戦闘不能に。
みかしーのファインプレイと言うよりは……なんだかなぁコレという感じの終わり方に(苦笑
ほんと、なんでなのみかしー。

そして敗者のるみるみにお面を被せてあげるみかしーでしたが、
ここでみかしーがお面を壊すというハプニング。

なんでなのみかしー……。



そんな駄目なハプニングもありましたが、ゲームは終了。
津田ちゃんの一人勝ち……だったんですが、何故かその後もゲーム続行。
もうヤケクソとばかりに津田ちゃんにNGワードを言って貰おうとあの手この手で迫ります。
そして当然それを止めない公式。


みかしー「ごらく部とは何ですか?」





直球過ぎるwww




「ごら……」まで言いながらも辛うじて止まった津田ちゃんでしたが、
もう一度同じ質問を言われた為流石に観念したのか空気を読んだのか、覚悟した顔でNGワードを言う津田ちゃん。


――そして全員でお面を被ることになるごらく部一同。


そして公式が発した一言。
「ごらく部に織姫なんていないよ」

……うん、まぁ、

いるのは芸人だけだし。






04:こんな織姫がいい~もし私が織姫だったら~




先程のNGワードゲームで「織姫なんていない」と宣告されたごらく部。
だったら新しい織姫を創りだしてしまえばいいじゃない、と言う事で、
ごらく部の面々がこんな織姫がいいという織姫象を演じていきます。

で、ごらく部の面々がどんな織姫を演じたかというと……


[るみるみ:ツンデレ織姫]
「別に一年に一回しか会えなくたって寂しくないんだからねっ!」



[ゆかちん:ゆるい織姫]
家の中でゴロゴロしながらテレビでも見ようよとか言い出すようなのんびり空間。なお自分からは絶対に出向かないw
そんな中ふと手が触れると「あ……手、当たっちゃった」とか言ったりと、
のんびりながらも初々しい付き合いたての空気を演じるゆかちん。



[津田ちゃん:TKメンな織姫]
いきなり馬に乗ってやってくる織姫(パカランパカランと効果音付き)。
「今日は願い事を叶えてあげるよ♪(キリッ」


[みかしー:乙女な織姫]
いきなり彦星役に津田ちゃんを指名して小芝居開始。
あとちょっとで七夕が終わってしまうというのに中々言いたいことも上手く言えない、といった感じのシチュエーション。
そして赤い糸で二人を結ぶ仕草をして、私たち離れていても繋がっているからと〆る。

そしてその赤い糸をるみるみがブチッと切るwww





るみるみは……言うまでもない語るまでもない織姫。
ゆかちんは……なんというか、らしいというか、ねぇ?w
津田ちゃんは………一瞬過ぎてある意味時を止めたよ。
というかいつものクールな津田ちゃんは何処に消えてしまったのと言わんばかりのボケコース。
みかしーは……小芝居の最後に赤い糸でずっと一緒だよと決めた直後にるみるみに乱入されるなど綺麗にオチました。
そしてるみるみに「これ三上枝織だよね」と言われる始末。いや、確かにそうとしか見えなかったけどw


そんな独創的な織姫象が語り尽くされる中、今度は公式からの無茶指令が飛びます。


「津田ちゃん彦星で、残り三人が織姫となって彦星を奪い合って」





なんつう「キマシタワー」な展開w


公式からの指令により即席で開催された「ゆりゆり劇場」
演じるキャラは織姫と彦星。シチュエーションは七夕でスタートです。

開始と共にるみるみと津田ちゃんが舞台右側に出てきてイチャイチャ開始。
もうお前ら結婚しろよ的な展開に観客大喜び。

と、途中で津田ちゃんが「ちょっと待ってて」といい、
るみるみの元から今度はゆかちんの元(舞台中央)へと移動。
(※何故か効果音はパカランパカランと馬の音だったwww)
今度はゆかちんとイチャイチャし出します。

ゆかちん「津田ちゃんの為に特別なバウム用意してきたの♪」



特別なバウムじゃねぇよwww津田ちゃんじゃなくて自分の為じゃねぇかwww

みかしー「津田ちゃんまだかなー?」



るみるみの座席に座りながらそんな事を呟くみかしー。
その言葉に合わせてまたもや津田ちゃんが「ちょっと待ってて」。
今度はみかしーの元(舞台左側)へと移動します。


……って、


トリプルブッキングネタかいっw





で、こっからがもう酷い事酷い事。
みか津田が舞台を進めている間、何故かお面で遊びだすゆかちんとるみるみ。
しまいにはあかり(るみるみ)とちなつ(ゆかちん)のお面装備に切替え、
二人で五話の「あのシーン」の再現をやりだす始末。


最早カオスっぷりが酷過ぎて


言葉にするのが不可能ですwww




最後に津田ちゃんがぼそっと言った、

「もう彦星、独身でいいや……」



という言葉がその酷さを如実に語っていると思います。
つか誰だってやだよあんな織姫www


と、そんなカオスがゆりゆり劇場特別版も終了。
個人的には津田ちゃんが織姫となるシチュエーションも見たかったですが、それは来年やってくれると信じてます公式さんwww



此処からは最後のラストスパート。再びライブコーナーへと移ります。


05:マイペースでいきましょう
06:100%ちゅ~学生



最早正真正銘の最後だとわかっていることもあり、会場の盛り上がりが今までのどの会よりも酷い事酷い事(褒め言葉
体の底から絞り出すかのようなコールの嵐で会場が熱気に包まれます。
………熱気というか最早熱狂かこれは。

こちらも最後尾から大声でコール。
ぶっちゃけ座席が空き放題だったのとラストだったということもあり、相当好き勝手に跳んでました(苦笑
いやそりゃあもう全力振りに決まってるじゃないのwww





という感じで狂気のHMV回が終了。
終了後は冒頭のトークで「それぞれ願い事を書いた短冊をステージ横の笹に吊るした」と言っていたこともあり、我先にとほぼ会場の全員が笹の元へと集合w
皆必死にごらく部の面々が書いた願い事を写真に取っていきます。

ただ、それが余りにも混み過ぎていて皆が全然退場しなかったことから、
スタッフが強制的に列形成、一人一枚撮影したら退場させるという流れとなりました。
………そりゃ、各自の手書きの願い事があるって言われたら皆写真取っていくに決まってるだろうと………(苦笑

ある意味この写真撮影の方が相当時間喰いましたねw












あと、七夕イベ全部の回のプレゼントボックスで、みかしーが最多得票だったのはなんでだろうね?w
※普段結構全員同じようなカンジなのに、今回はみかしーだけ目立って多かった


やっぱりあれですか? 納品の旅効果ですか?w